【ファンサ】とは…意味と使い方・使用例について!
[アイキャッチ画像を挿入]

"ファンサ"の意味

正式名称

ファンサの正式名称は、「ファンサービス」です。
アイドルや俳優の「ファン」と、気配りを意味する「サービス」が組み合わさった言葉です。

言葉の意味

芸能人、アイドル、スポーツ選手などが、応援してくれているファンに向けて行う行為を意味します。
具体的には「握手」「サイン」「マイクパフォーマンス」「投げキッス」「アンコール」など様々なサービスあります。

近年では、ファンサしてもらいたいことを「うちわ」に書いて、応援グッズとして使う人の姿をよく見かけます。

間違えやすい意味

ファンサと同じ名前の楽曲として、日本のクリエイターユニット「HoneyWorks」の「ファンサ」があります。

また、ファンサは和製英語であり、英語圏では通じないため、注意しましょう。

スポンサーリンク

"ファンサ"の使い方

使用シーン

芸能人が自分と握手をしてくれた時、「ファンサしてもらった」と言います。
アイドルのライブで、ファンサ用の「手を振って!」と書いたうちわを準備します。

"ファンサ"を用いた会話例

A「推しの○○君にいっぱいファンサしてもらっちゃった」
B「○○君っていつもファンサくれるから、ますます好きになっちゃうね」

スポンサーリンク

"ファンサ"の語源・由来

語源・由来

ファンサの語源は「ファンサービス」です。
ちなみに、アイドルからのファンサ用として「うちわ」がよく使われますが、「うちわ」用いられるようになったのは、「光GENZI」が活動していた1990年代と言われています。

スポンサーリンク
おすすめの記事