【イッヌ】とは…意味と使い方・使用例について!
[アイキャッチ画像を挿入]

"イッヌ"の意味

正式名称

イッヌの正式名称は、動物の「犬」です。
犬をカタカナにした「イヌ」に促音の「ッ」を間に加えた言葉です。

言葉の意味

イッヌの意味は動物の「犬」そのものであり、それ以外の意味は特にありません。
呼称や表記だけが違います。

間違えやすい意味

イッヌは犬そのものを指す言葉ですが「イッヌ」という犬種はありません。
また、犬を馬鹿にしたり、からかうといった意味はなく、愛称のようなニュアンスで使われます。

スポンサーリンク

"イッヌ"の使い方

使用シーン

「犬」そのものを示すあらゆる場面で使用できます。
ただ「犬」と書くよりも、愛らしさやインパクトを表現したい時に「イッヌ」と言います。

あくまでネットスラングのため、公式の場では「イッヌ」を使用しない方がよいです。

 

 

"イッヌ"を用いた会話例

A「私のイッヌ、遊び疲れて寝てる姿がかわいすぎ」
B「本当だね。SNSに投稿したら? 『うちのイッヌがかわいすぎる件について』って」

スポンサーリンク

"イッヌ"の語源・由来

語源・由来

イッヌは、インターネット掲示板の2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)から生まれた言葉です。
当時プロ野球選手だった小笠原道大選手が、ファンの間から「ガッツ」「カッス」と呼ばれていました。
他にも、イチロー選手の場合は「イッチ」であり、やがて様々なものが「〇ッ〇」と呼称されるようになった過程で「イッヌ」が生まれました。

スポンサーリンク
おすすめの記事