【推ししか勝たん】とは…意味と使い方・使用例について!
[アイキャッチ画像を挿入]

"推ししか勝たん"の意味

正式名称

推ししか勝たんの正式名称は、そのまま「推ししか勝たん」です。
〇〇しか勝たんの「〇〇」に、お気に入りのアイドルやキャラクターを指す「推し」を当てはめた言葉です。

言葉の意味

推ししか勝たんは、「推しが最高だ」「推しが大好き」「推しに勝るものはない」という、賞賛や肯定を意味する言葉です。
何と比べて勝っているのか、ということはあまり重要ではなく、「自分は推しが好きだ」という言葉と同じ意味で使います。

単に「好きだ」というよりも気持ちの度合いが強い表現です。

間違えやすい意味

「推し」という言葉だけでなく、「日本酒しか勝たん」など、人以外の言葉も当てはめて使う場合もあります。
また、「勝たん」いう言葉から勝負事を連想しますが、勝ち負けではなく、「自分の中で一番最高だと思う」といった賞賛や肯定の意味で使います。

スポンサーリンク

"推ししか勝たん"の使い方

使用シーン

推しているアイドルやキャラクターへの「好き」という気持ちを最大限に表現したい時に「推ししか勝たん」と言います。
推しを見た時に、感動した、やっぱり推しが好きだという気持ちが高まった時に使います。

"推ししか勝たん"を用いた会話例

A「〇〇ちゃんのライブ最高だったね」
B「うん。推ししか勝たん」

スポンサーリンク

"推ししか勝たん"の語源・由来

語源・由来

推ししか勝たんは、女性アイドルのファンが「最高」という意味で使っていたことが由来と言われています。
初めは推しやアイドルの名前が使われていましたが、推ししか勝たんが話題になったことで、徐々に「推し」以外の言葉を当てはめて使われるようになりました。

株式会社マイナビが運営するメディア「マイナビティーンズ」の「2019年ティーンが選ぶトレンドランキング」では「○○しか勝たん」が4位にランクインしています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事