【リアコ】とは…意味と使い方・使用例について!
[アイキャッチ画像を挿入]

"リアコ"の意味

正式名称

リアコの正式名称は、「リアルに恋している」です。
現実の「リアル」と、恋しているの頭文字「コ」を組み合わせた言葉です。

「リア恋」と表記する時もあります。

言葉の意味

リアコは芸能人やアイドル、二次元のキャラクターなど、一般的に手が届かない人物に対して真剣に恋している状態を意味します。
「リアル」が、「妄想ではなく、本気で」というニュアンスを含みます。

間違えやすい意味

リアコの「リアル」は「現実」を意味しますが、「現実的な恋」という意味はありません。
自身と立場や身分が同じ存在、つまり身近な相手に対して恋している状態はリアコとは言いません。

スポンサーリンク

"リアコ"の使い方

使用シーン

一般人が、芸能人やアイドルに対して本気の恋をしている時、「リアコしている」と言います。
リアコになったが、恋した相手のことを考えすぎて辛い気持ちになった時、「リアコが辛い」と言います。

"リアコ"を用いた会話例

A「私、あのバンドグループの○○君にリアコしてるの」
B「あれ、この間、お金を貢ぎすぎてリアコ辛いって言ってなかったっけ?」

スポンサーリンク

"リアコ"の語源・由来

語源・由来

リアコは、ジャニーズや韓国アイドルが好きな女子中高生の間で、主にSNSを中心に広まっていったとされています。

スポンサーリンク
おすすめの記事