【@tos】とは…意味と使い方・使用例について!
[アイキャッチ画像を挿入]

"@tos"の意味

正式名称

@tosはtwitterにおけるアカウント「@tos」で、「とす」または「あっととす」と呼びます。
@tosとツイートを組み合わせて「@tosツイ」と呼称する場合もあります。

言葉の意味

@tosは、Twitter社がシステム的に凍結している、一般ユーザが使用不可のアカウントを意味します。
「@tosツイ」とは「@tosをつけてツイートする」意味であり、あまり人に見られたくないツイートをしたい時などに、タイムラインに表示させないでツイートできる、裏技的方法です。

間違えやすい意味

@tosをつけてツイートした場合、フォロワーのタイムラインには表示されませんが、自身のツイート履歴には残ります。
したがって、@tosは誰にも見られないツイートと勘違いされますが、実際には自分のプロフィールを覗きにきたユーザーからは見えてしまいます。

スポンサーリンク

"@tos"の使い方

使用シーン

Twitterで、ツイートしたいけどタイムラインに表示させるほどでもない時、「@tos」をつけてツイートします。
やり場のない愚痴や、ふと思いついた感情を吐き出したい場合に「@tos」宛にツイートします。

"@tos"を用いた会話例

A「@tos 今日のデート、思いっきり転んでお気に入りのスカートが汚れた。マジ最悪」
B「@tos 言っても仕方ないことだけど、この気持ちをツイートさせてくれ。人生は愛じゃなくて金」

スポンサーリンク

"@tos"の語源・由来

語源・由来

@tosアカウントをURLリンクにすると、「terms of service」というTwitterの利用規約へのリンクとなります。
このことから、@tosというユーザー名は永久に使用不可であるという認識が広がり、「@tosツイ」するユーザーが増えました。

しかし、2022年2月16日に「@TOS」という大文字表記のアカウントが凍結解除されています。
「@TOS」はTwitter社管理のアカウントではないとのことですが、@TOSをつけたツイートは「@TOS」の持ち主に見られてしまうため、ツイートは控えた方が良いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事